MRI検査とは

01

MRI(=Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置)検査は、強力な磁石でできた筒の中に入り、磁石と電磁波を利用して体のあらゆる断面を撮像する検査です。撮影時の磁場の調整により、あらゆる方向の断面像を得ることが可能で、様々な病変病態を診断することができます。

主な特徴

より快適に

  • 最新のアプリケーションと高感度コイルの組み合わせにより、 撮影時間が大幅に短縮
  • 検査時に発生する音を抑制する機能が付き、 検査時の不快音が軽減

より正確に

  • 信号を受信するコイルがデジタル化されたことにより、描出される画像が高画質化され、より正確な診断が可能になりました。
02
03

特殊な撮影なども可能に

  • 特殊な撮影ができるアプリケーションが備わり、躯幹部拡散強調画像(DWIBS)という検査ができるようになります。癌の転移の全身検索として注目されており、PETと併用することにより検出能力が高くなると言われています。
04

躯幹部拡散強調画像(DWIBS)
DWIBSとは、拡散強調画像(DWI)を用いた躯幹部広範囲撮像を指します。
PETは糖代謝を画像化していますが、DWIBSは拡散制限を画像にしています。
不明熱、転移検索等、簡易なスクリーニング・フォローとして活用できます。

  • CT装置で血管を撮影する場合、造影剤の注入が必須となりますが、導入するMRI装置では造影剤を使用せずに血管を撮影することができ、持病・アレルギー等で造影剤が使えない患者さまも検査ができるようになります。

放射線科から一言

従前の機器に比べると、患者さまにとっても我々医療従事者にとっても、検査の質・内容が格段に向上することが期待されます。 患者さまの病状等に合わせ、導入したMRIやCTなどを使い分け、より快適・安心かつ正確な検査が出来るよう努めてまいります。 各種検査の内容などについてご不明な点がございましたら放射線科までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

医療法人清幸会 三原城町病院 地域医療連携室

TEL
(0848)64-1212(代)
(0848)64-5762(直通)

ページトップへ

受付時間

【午前】
8:30~11:30 (月~土曜日)
【午後】
13:00~16:30 (月~金曜日)

面会時間

平日
14:00~20:00
休日
08:00~20:00

外来休診日

土曜午後・日祝日

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

三原城町病院

〒723-0014
広島県三原市城町1-14-14

TEL:0848-64-1212