帯状疱疹の予防接種を行っています

2017年8月1日

帯状疱疹予防接種

水痘ワクチンを帯状疱疹の予防のため接種できるようになりました。
予防接種対象者:50歳以上
費用(自費診療):6,000円(税込)

治療されている病気の種類により、ワクチンを接種できない場合もあります。
接種をご希望の患者様は、医師または外来窓口にご相談ください。

 

 帯状疱疹について

帯状疱疹の症状
  • 水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに帯状に出ます。
    強い痛みを伴うことが多く、症状は3~4週間ほど続きます。
    多くは腕や胸、背中に症状が出ますが、顔や首などに現れることもあります。
帯状疱疹のしくみ
  • 帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。
    多くの方が子どもの頃にかかったことのある水ぼうそうのウイルスは、
    長い間体内に潜んでいますが(潜伏感染)、普段は免疫力によって活動が抑えられています。
  • 加齢やストレスなどで免疫力が低下すると、ウイルスは活動を再開します。
    潜伏していた神経に沿って皮膚まで移動し、帯状疱疹を発症します。
  • 日本人の成人の9割以上が、すでにこのウイルスに感染したことがあり、体内にウイルスを持っています。
    そのため、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性があります。
帯状疱疹の予防
  • 帯状疱疹を予防するワクチンがあります。
    接種対象年齢は50歳以上です。
    ※予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありません。
  • 日頃からの体調管理を心がけ、免疫力を低下させないことが大切です。
    ・食事や睡眠をきちんととる
    ・疲れたら休息する
    ・適度な運動を心がける

 

受付時間

【午前】
8:30~11:30 (月~土曜日)
【午後】
13:00~16:30 (月~金曜日)

面会時間

平日
14:00~20:00
休日
08:00~20:00

外来休診日

土曜午後・日祝日

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

三原城町病院

〒723-0014
広島県三原市城町1-14-14

TEL:0848-64-1212

ページトップへ