メインコンテンツへスキップ
24時間対応
0848-64-1212
診療スケジュール
交通アクセス
電話をかける

寒い冬、ヒートショックにご注意ください

Home » 医療コラム » 寒い冬、ヒートショックにご注意ください

寒い冬、ヒートショックにご注意ください

ヒートショックとは

この時期、毎年のように経験する「さむい、さむい、さむい、、、、、(お風呂へ)ザブーン」
という冬お決まりの風景。このような何気ない日常の習慣が命を脅かす事に繋がります。みなさんは「ヒートショック」という言葉は聞いたことがありますか?

ヒートショックとは冬場の入浴や、暖房の効いた部屋から外に出るときの温度差による急激な血圧の変動のことです。 毎年、全国で年間約1万4000人が入浴中に亡くなると推測されていますが、その原因の多く(乳幼児を除く)はヒートショックであると言われています。

ヒートショックが起きるメカニズム

入浴時などに、寒い空間で服を脱いで身体が冷えると、体温を奪われまい!
として体がブルブルっと縮むように、血管も縮み、皮膚の下に流れる血液の量を減らし、体の熱を外に逃がさないように調節します。血管が縮むと、血液が流れにくくなるので、血圧は急上昇します。
その状態でお湯につかると、今度は血管が広がって急激に血圧が下がり、結果血圧が急激に乱高下することになります。このような急激な血圧の変動が、心臓や血管に大きな負担をかけ、最悪の場合、急性の心筋梗塞や脳卒中などを引き起こし、致命的となってしまうケースもあります。

ヒートショックが起きやすい場所

これからの季節、冬場の冷え込んだ浴室やトイレ、洗面所など、極端な温度差がある場所が特に起きやすい場所になります。
トイレにおいては、排便などで“いきむ”と血圧が上がり、排便後には急に血圧が低下するため、よりヒートショックが起きやすい場所といえます。

ヒートショックを起こさないために

ヒートショックの予防のためには、脱衣所や浴室、トイレを暖め、温度差を少なくしましょう。また入浴の時は、いきなり湯船につかるのではなく、心臓に遠い手足からかけ湯をしてゆっくり入ることを心掛けるほか、ぬるめのお湯に入り、心臓病や高血圧などの持病をお持ちの方には半身浴をおすすめします。

ほか、食後すぐや飲酒後の入浴は、血圧変動が大きくなるため極力控えることを推奨致します。

コロナ禍の寒い冬を一緒に乗り越えましょう!

著/臨床工学科一同
監修/内科医長・透析センター長 谷本新学

24時間駐車場あり
当病院外来患者さんは無料でご利用いただけます
JR「三原駅南口」から徒歩5分。マリンロードに入ってから最初の信号(城町交差点)を左に曲ってしばらくお進みください。三原市福祉会館、ないし少し大きな公園が目印です。

交通アクセス詳細

一般診療受付時間
日祝
8:30~11:30
13:30~16:30
面会時間
日祝
14:00~17:00
外来休診日

土曜日午後・日祝日

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。